芸能ニュース

【芸能】吉岡里帆“SNS”でファンと口論!

吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 – )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
78キロバイト (10,631 語) – 2019年11月1日 (金) 02:03

(出典 sukusuku.tokyo-np.co.jp)

1 牛丼 ★ :2019/11/02(土) 06:59:52.86 ID:6aJZ//Lm9.net

吉岡里帆“SNS”でファンと口論! 批判コメントに対して…
 女優・吉岡里帆のSNS上での振る舞いが、ネット上で注目を集めている。

 現在、吉岡はテレビ朝日系の深夜ドラマ『時効警察はじめました』に出演中。同ドラマの主題歌は歌手の椎名林檎が手掛けており、椎名は去る10月25日に同局の音楽番組『ミュージックステーション』に出演した。

 同放送には吉岡も“応援ゲスト”として出演し、スタジオでは「小学生のころから大ファン」「先ほど、ごあいさつさせていただいたのですが、たじろいでしまうぐらい心から愛しています」と、椎名の大ファンであることを猛アピール。椎名が歌うドラマ主題歌『公然の秘密』の生パフォーマンスを鑑賞した後は、「キャー! 最高!」「ヤバいです。とろけました!」と感極まった様子で語り、視聴者の間ではその熱狂ぶりが話題となった。

 一方、椎名の大ファンとはいえ、吉岡はあくまで「時効警察」の脇役。番宣に「Mステ」出演することが気に入らなかった者もいたようで、吉岡のインスタグラムには「Mステ」放送前から、
《時効警察では主役でもないのに、Mステまで番宣ねじ込み過ぎ》
《何も知らない人はあなたが主演だと勘違いするし、時効警察ファンは泣くと思う》
《生放送なのでせいぜいいつもの空気を読まない言動は謹んでいただきたいです》

 などといった批判コメントが寄せられてしまった。しかし何と、吉岡はこのコメントに対して、
《嫌な思いをされないように気を付けて出演させていただきます。皆様お忙しいので、たくさんの方にドラマを見ていただくために後輩が番宣をするのはとても大切な仕事です》

 などと反論。放送後にも、
《どうしても椎名林檎さんへの愛があふれ空気は読めていなかったかもしれません》
 などともコメントし、反論する一方で批判を受け止める姿勢も見せていた。

 「批判を受け止めたように見えるかもしれませんが、アンチコメントにいちいち反論している時点で、内心は納得いかずイラ立っていることが分かります。癒やし系として男性人気の高かった彼女のケンカっ早さや気の強さが垣間見えた出来事と言っていいでしょう」(芸能ライター)

 「スルースキルがない芸能人はSNSをやるべきではない」という定説を体現した?


(出典 wjn.jp)

https://wjn.jp/sp/article/detail/5167662/

続きを読む

Source: New feed

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *